何だか最近体力が落ちた…?

ということで、ナイキのランニングシューズを購入。
 最近は車移動ばかりで、運動といえば犬の散歩程度。程度といっても朝晩合わせて1時間弱にはなるので、そこそこ運動にはなっているかと思うのですが、何しろぼんぼんのペースなので3歩進んで2歩下がるような超スローペース。
 走るのが好きな私は、まずジョギングからということで、始めてみようと思います。
 シューズやウェアも新しい物は見るだけで楽しい。
 記念に真新しいシューズをパチリ。
shoes

 さて、勝手にDVD鑑賞強化月間ということで、SATCに続き「恋愛小説家」と「ドリームガールズ」を見ました。夜な夜なDVD。
 「恋愛小説家」は両主演俳優がアカデミー賞を獲得した名作。でももっと早くに見れば良かった!こちらがオリジナルなのは百も承知ですが、コレに限っては日本のドラマ「結婚出来ない男」の方が面白かった。日本のドラマではヒロイン役はお医者様、主人公は売れっ子建築家でしたが、「有名小説家とウェイトレスの恋」よりももう少しリアリティがあったかな。年齢的には日本の方がそれぞれ10歳ぐらいずつ若い設定。これは年齢に対するプレッシャーが欧米より日本の方がそのくらい若いことに関係しているのでしょうか。オリジナルより面白いドラマは貴重ですね。阿部寛、万歳。でもジャックニコルソンくらいセクシーでかわいいおじさん俳優は日本にはいませんね。最初から最後まで気持ちよく笑えた良作でした。

 「ドリームガールズ」はレビューを見ても好評価ばかりだったので期待しすぎてしまいました。
 ミュージカルなのに印象に残る歌は「ドリームガールズ」だけ。主人公たちが乗り越えなければならない壁は「嫉妬」って少し子どもっぽく思えました。さらにジェイミーフォックス演じるモテモテプロデューサーが最初から最後まで何考えてるのか今イチつかめなかったのが気味悪くて仕方ない。もう少し口を開いて何か話して欲しかったな。
 ミュージカルはテーマが重くても楽しませて欲しい!「ムーランルージュ」みたいに鳥肌がたつような高揚感が欲しい!
 というわけで次回は話題の「ハイスクールミュージカル」をレンタルすることにします。
 その前に「ウォルター少年と夏の休日」を観なきゃ。録画した「舞妓Haaaan!」も。