ペーパークラフト/造形作家 秋山美歩のブログ

タグ:東京

5
DM1

DM2

個展のDMが完成しました。
実際にはコレに個展の紹介文を入れたものです。

ふと考えてみると、仕事以外で自分で開く個展は4年ぶり。
古い物から新しい物まで、幅を見せられたら。
‥と自分でプレッシャーをかけつつ、ぼちぼち準備していきたいと思います。

期間中は連日在廊予定ですので、ぜひお越し下さい。

来年は大阪での個展も決まりそうですので、良いお知らせができるように頑張ります。

DMは住所の解る方にはお手元にお届けします。
ご希望の方はメールにてお知らせください。
http://www.mihoome.com/
ホームページ下段「お問い合わせ」をクリック!

2008年10月27日〜11月1日
11:30〜19:00(最終日は17:00まで)
GALLERY HOUSE MAYA
東京都港区北青山2-10-26
http://www.gallery-h-maya.com/
地下鉄外苑前駅3番出口よりすぐです。

個展紹介文:
1982年山梨県生まれ、大阪府出身。
関西を中心にウィンドー展示等で活動。
紙から生まれた動物たち、ドラゴン、ワニ、サイや
人間たちをギャラリーにびっしりと集めました。
100%紙素材の質感、またその大きさと迫力を感じて下さい。
東京での初個展です。

5
先週末、東京出張へ行ってまいりました
朝一番に新大阪を出発。
「強風によるビニール袋線路接触により停車」
した新幹線から富士山を眺め、一路東京へ!


1日目は作品を展示している日本ホビーショーへ偵察に。

レース、布、粘土、木材、絵の具、接着剤、ありとあらゆるホビー材料が展示され、またところ狭しと体験教室が!

私は株式会社コニシの「紙用速乾ボンド」の紹介ブースで作品展示しました。

会場内撮影禁止だったので撮れず。作品は後ほどアップします

2時間ほどかけてじっくりと会場内を見て回ったのですが、東京ビックサイトの広さにただただ圧倒されるばかり。
「こんなに会場が広いのに、この人口密度はどうだ!」と開いた口が塞がらなかったため、会場の隅でリポビタンDを一気のみしました。(←東京に負けまいと思った)
会場の広さに比べて私の作品の小さいこと。まあ寂しい。
もちろん体験教室にも参加し、蜜蝋の工作に初挑戦しました。
懐かしいにおいのする蜜蝋粘土は、色数も豊富で、やわらかく、非常に加工しやすい。おまけに食べても安全とのこと。オリジナルキャンドルは意外と簡単に作ることが出来るんですね。興味のある方にはお勧めです。

その晩は幼馴染と食事。
終電を待つ新宿駅の人だかりを遠めに眺めて、東京暮らしを断念しつつ、レディースフロアの素敵なホテルに1泊。
 アメニティは全てDHC、加湿器のある小さな部屋には白いテーブルとシンプルな椅子があり、大きな窓から向かいのビルの窓明かりがたくさん見えていました。
私は暗闇恐怖症なので、一人で慣れないところに宿泊というのは本当はかなり苦手なのですが、このビル明かりのおかげで安眠することが出来ました。
向かいのビルでは一晩中誰かが働いていると思うと寂しくもなんともないものです。
大都会も悪くないかな
良いホテルでした。

二日目はギャラリーを回った後、六本木へ。
新しく出来たデザインサイトと、国立新美術館を見に行ってきました。
ついでにミッドタウン本体も見学。
デザインサイトは思ったより建物が小さい
コンクリートの冷たいデザインの建物でしたが、エントランスの雰囲気やステンレスに囲まれたトイレはとても斬新でした。トイレ個室内で撮影している人多数有り。怪しい雰囲気でした。
 話題の「チョコレート展」は注目の作家たちが「チョコレート」に新解釈を与えようというもの。チョコレートフォンデュ型のランプや、落花生型のピーナツチョコ、3D地図のような板チョコ、「チョコレートを食べた後の指」の模様がついたお皿など、「チョコレートを食べたときのハッピーな気持ち」が物になって表われた作品に思わずニコニコ。入場券と引き換えにおいしいチョコレートをくれる演出もニクい。
カップルにお勧めの美術館ではないかと思います。でも関西人としては、ちょっと入場料高いね。

続いて国立新美術館へ。

国立新美術館

黒川紀章の建築とのこと。見てみるとおお!やっぱりミキハウス本社ビルに似てる似てる!素人目にも同じ建築家だな、と分かる外観でした。夏は暑そうですね。
ただ、内部の柔らかなフローリングの床は温かみがあって好きです。
「モネ大回顧展」と「国展」チケットを購入。
モネファンではありませんが、一緒に展示されていた現代アートの作品は初めて見るものばかりで刺激的でした。一人の作家の生涯にわたる作風の変化を見るというのはとても贅沢な気分です。
国展彫刻部、面白かった!半券で出入り可能なのでかなり長い間うろうろしました。
木彫がほとんどでしたが、大きな会場にぎっしりと作家の違う木彫が並んでいるという風景自体が異様で、迫力があり、魅力的でした。
撮影可能らしく、カメラ小僧ならぬおじさんたちが沢山いたので私もパチリ
国展
この作家さんは2点展示されていましたが、木材の裂け目がとても格好良い作風で人気でした。
画集を買えば良かったなあ。彫刻部だけ画集が高価だったので立ち読みして帰ってきてしまったのです。

六本木ミッドタウン内でまたも幼馴染と待ち合わせをし、ぶらぶらとウィンドーショッピングしましたが、私たちが衝動買い(無駄遣い)できるようなモノは一つもない!
花柄ソファ現品限り展示品\400000、コーヒーメーカー\100000、お茶碗\15000。。。うーん素敵。きれい。カワイイ。でも高ーい!!
あたりはどこも黒山の人だかりですが、ふとレジを見るとガラガラ。
そういえば誰も買い物した袋を持っていない。大半がひやかしのお客さんでした。
全ての店がちょっとした雑貨ミュージアムという感じで、目には楽しい施設です。
でもお土産を買うには勇気が要りますよ。
 レストラン街、お弁当屋が充実していて、価格もほどほどで美味しい。カフェでパスタを食べましたが「バンブー柚子のなんちゃら」というパスタ、本当に美味しかったです。これには友人もびっくり。次回機会があれば、お弁当を買って外の公園で食べる、というのをやってみたいものです。

夕方もう一人の友人と合流して居酒屋へ。
久しぶりの再会で盛り上がり、アレルギーぎみなのにしっかりお刺身を食べて、
帰りの新幹線で気持ち悪くなり、ふらふらで帰路に着きました。
あれさえ食べなければ完璧な旅だったのにー


また定期的に東京には行くことにします。
強行スケジュールでしたが発見の2日間でした。
今度はちょっと遠くへ足を伸ばしてみたいものです。



5
東京で作品展示します。
といっても新作ひとつです。

5月11日〜5月13日に東京ビックサイトで行われる日本ホビーショーのコニシボンドのブースで作品展示することになりました。
紙用速乾ボンドを大いに宣伝します。

そして作品を今から作ります。
泊りで東京行きます♪

ところで、肩こりがなおらず、花粉症もまだ続いています。
堪忍してください。
肩こり撃退のため、ラジオ体操が日々の日課になりました。

最新のサロンパスって小さいんですね。
きゃわいいピンク色でちょっと春気分。

「サロンパス 肩も心も はる 気分」


5
先週、東京営業に行って来ました。

「夜行バス強行大阪→東京3泊2日(内2車中泊)」ツアー!!

前半は営業中心...といっても個展を考えているギャラリーをいくつかと、大阪でもお世話になっているイラストレーションの会社にご挨拶。

後半は東京在住の友人と合流し、東京若者ツアーに切り替えて楽しみました。

裏原の古着店、表参道→青山をウィンドーショッピング....人の多い渋谷は避けて(笑)、続いて秋葉原。

メイド喫茶にも入ってみました。
話題の「ぴなふぉあ」。私も友人も入るのは初めて。興味津々です

新人メイドあおいちゃん「いらっしゃいませ」

私&友人「....。」

私「ご主人様とか言わへんのやね?(小声)」
友人「ほんまや。相手見てるんちゃう?(小声)」

あおいちゃん「どうぞ。」
あおいちゃんがお水とお箸を持って来てくれるも、手が震えて定位置に置けない。
先輩メイドが「はい、しっかりっ!!」

私「.....。」(これは、萌え演技なのか!?)
友人「大丈夫っすか?」(冷静)

お店に入ったのはお昼時だったので、会社のお昼休みに電車で通っているらしい会社員もちらほら。常連さんはカウンターへ、初心者はテーブル席へ。
カウンター席の中年男性のハッスルぶりにすっかり怖じ気づいてしまい、意味も無く小声で話す私たち二人。

私「あの人毎日来てるんかな?」
友人「需要と供給やな。」

思っていたほど「ご主人様!」モードではなく、普通の喫茶店にメイドがいるという感じでした。お店によって違うのかもしれませんね。

お客様「これにします。」
メイド「ご注文のこの品物は萌えアイテムではございませんが、よろしいですか?」
私「確認してるで!?」
友人「ほんまやな。確認や。」

....面白かったです!!

ついついメイド喫茶のことばかり書いてしまいましたが、
営業(?)のほうも順調で、ポートフォリオの組み立て方や、売り込みについてなどアドバイスを受けました。
 ありがたいことです。
 早速印刷屋やら写真屋さんやらに走り回っています。
 がんばりますよ!!

秋葉原

このページのトップヘ