カテゴリ: 日常生活

庭にやってきたガマくんです。
久しぶりに庭中に水まきをした夜、ゆっくり歩いて出て来てくれました。
エリーが喜んで、珍しくわんわんと吠えましたが、微動だにしない。
長男と一緒にご挨拶しましたが、目すら動かさないのです。なんて気迫!
また出て来てくれないかな。

しばらく毎日水まきをして、出てくるのを待ってしまいそうです。
IMG_7431

---------------------------------------------------------------------------------------
秋山美歩Facebookページが出来ました!(イイネ!お願いします。)
秋山美歩 Mihoome paper studio

秋山美歩へのメールでのご依頼・ご連絡はこちらまで。

☆有馬路地裏アートプロジェクト2013
有馬温泉の源泉を結ぶ、シックな路地裏を現代アートで彩ります。
秋山美歩の作品は有馬工房向かいの温泉寺(神戸市北区有馬町4623)
の境内軒下に展示されています。
主催:有馬観光協会
2013年7月1日〜11月24日
有馬温泉路地裏アートプロジェクトFacebookページ

☆クラフト定期講座
「秋山美歩のペーパークラフト」
神戸新聞文化センター新長田
毎月第2土曜日 10:00〜12:00

秋山美歩ホームページMIHOOME
-------------------------------------------------------------------------------------------


毎日たくさんの方が「キャリアチェンジ犬」で検索してこのブログを見に来られています。

なかなか愛犬についてたくさん書く機会がないのですが、簡単に情報をまとめておきますので
どうぞ参考になさってください。
記載する内容は私の知りうる範囲での情報で、協会からの正式な発表ではありませんので、
引き取りを検討される方は、各盲導犬協会までお問い合わせ下さいね。

わが家の愛犬エリーは2012年5月に関西盲導犬協会からやってきた「キャリアチェンジ犬」です。
当時の年齢は1歳9ヵ月(ちょうど長男と同じ年、同じ月の生まれ!)でした。
他の兄弟たちと共に盲導犬になるための訓練を受け、盲導犬には不適合となった後、聴導犬にスカウトされ訓練を受けていたとのことでした。
結果としては聴導犬にも不適だと判断されたようですが、理由としては「外での訓練中に注意力を失うことがある」だったそうです。
わが家に来た後、お散歩しながらわかったことですが、エリーは「他の犬や人が大好き!!」なのです。
他の犬や優しい人が通る度、エリーの嬉しい気持ちはMaxに…。
こちらが大型犬の散歩に慣れないうちは引きずられそうになったり、飛びつかせてしまいそうになったり、少し苦労をしました。(そして緊張感を持って散歩することに慣れました)
2歳を過ぎ、わが家で1年を過ごそうという今、そうした行動も落ち着きを見せ始め、かなり落ち着いてお散歩できるようになりました。
「他の犬や人が大好き」→「駆け寄りたいのを我慢できない」は盲導犬としては確かに不適です。(危なすぎる!)
しかし飼い主がしっかりとコントロール出来るよう努力を重ねれば(←これが非常に重要)、家族としての欠点にはならないと思います。
わが家には2歳と0歳の子どもがいますが、エリーがやってきた初日から仲良くなり、うまくやっています。ベビーとの共存も掃除や家具などで工夫をこらし、問題はありません。
特に2歳の息子に関しては、頼もしい子守り役となって私を助けてくれています。
体力があり、穏やかで、しつこい遊び方にもよく付き合ってくれる!

キャリアチェンジ犬は、このように何か訓練上苦手なことがあって、プロの方の手によっても改善されなかったために、盲導犬にならず、一般家庭で暮らす方が良いと判断された犬たちです。
キャリアチェンジの理由は訓練士の方から説明して頂けますし、家庭でのしつけについてもメールなどで相談にのって下さいます。

引取りの申し込みですが、(各協会によって違うと思います)
わが家はファックスで申し込みました。
家族構成や自宅の間取り、住所等、大型犬を養育できる環境であることを示すための情報が必要です。
「どのくらい待てますか?」というような質問もありました。
その後協会の方から確認の電話があり、条件の合う犬がいればご連絡します、とのことでした。
「小さな子どもが大丈夫な犬が良いです。」というようなお話をしたように思います。
犬が子どもに何かする、というのではなく、その逆の意味で…(汗)
当時妊娠中だったので、そのこともお伝えしました。

待つこと数ヶ月、
わが家に合うだろうと判断された犬の名前と、キャリアチェンジの理由、年齢をしらせる電話がかかってきました。「子どもは大丈夫だと思います!」と自信のある声に嬉しくなり、次の週末に家族で協会に会いに行きました。
子犬時代を過ごした、パピーウォーカーさんのお宅にも子どもさんがいて、子どもが大好きなのだということでした。

相性が良ければ、その日に連れて帰り、1週間のトライアル期間となります。
トライアル中は、ドッグフード、首輪、リード、ゲージなど生活用品はすべて協会から無償でレンタルして頂けます。
トライアル終了後、正式に譲渡が決定すれば、これらは返却し、新たに家庭にて揃える必要があります。
また、その犬が生まれてから受けたワクチンや養育、避妊手術にかかる費用等、決められた金額を協会に納めます。
譲渡の際に、犬の名前、性別や、受けた訓練(指示の言葉など)をまとめた書類を頂きました。
これはエリーの大切な記録ですので大事にとってあります。
盲導犬候補生は繁殖目的の犬ではありませんので、血統書などは受け取れません。
去勢、避妊手術もみんな済んでいます。

キャリアチェンジをする年齢は様々なようですが、ある程度訓練が入っているということと、大人の犬であるというところが特徴だと思います。
エリーの場合はトイレのしつけ、「ウェイト」や「ハウス」も号令で動ける状態でわが家に来てくれましたので、しつけの苦労はそんなにありませんでした。
「来た時から大人」だということに関しては、「お互いになんとなく気を使って過ごしているな」という期間が2ヵ月ぐらいあったかなあ、という感じ。
個体差があると思いますが、1歳ぐらいなら印象としては「身体の大きな子犬」だと思います。

お互いに生活に慣れるまで、いろいろあります。それは子犬から飼ってもきっと同じ!
子どものぬいぐるみはほとんど八つ裂きに、積み木は半分ぐらい食べられてしまいました。ははは。
今はそんなことしない…いや今でも庭では外履きスリッパをくわえて走りまわっています。
庭は落とし穴だらけだし。ははははー。
細かいことが気になる人は一緒に暮らせないだろうな、とは思いますが、
本当に優しい、いい子です。

「ラブとうまくやれない人間は、人間の方が悪い」というのをどこかで聞いたことがありますが、
いかに性質の良い犬でもしつけがなされないと大変なことになります。
体重が25キロ以上もある大型犬なら犬に悪気がなくとも思わぬ事故につながることも。
やはり十分な準備と、心構えは必要だと思います。
誰かに怪我をさせたりしないこと、エリーも怪我や病気をしないこと。万が一に備えて保険にも入りました。
毎日の散歩だって、小型犬とは比べられないくらい重労働です。

このあたりについては、イラストレーター大橋歩さんの著書
「大好きだるまー」が参考になりました。
歩さんが55歳で飼い始めた黒ラブの愛犬だるまーくんのお話です。
これからラブを迎える方は一度お読みになると良いと思います。可愛い本です。

まるで子どもが3人いるみたい。
いつも賑やかなわが家です。
いまだに時々えーっと驚くようなイタズラもします…
まあ、毎日いろいろあるけど…

大好き、エリーちゃん。

こんな記事がだれかの参考になれば嬉しいです。
205427_382904068465354_230621069_n

eri

フレンチブルドッグのぼんちゃんが老衰で亡くなって2ヶ月。
「すぐには犬は飼わないかもしれないけれど、いつかご縁があったら…」と登録した「盲導犬キャリアチェンジ犬」の飼育ボランティアだったのですが、そう待つことなく我が家にぴったりのこの子がやって来てくれました。
b0170124_20484692

エリーです。
盲導犬訓練生として関西盲導犬協会にてトレーニングを受けてきましたが、
お外でのお仕事中にやや注意力散漫なところがあるとのことで、家庭犬として我が家で暮らすことになりました。
とは言え基本的なコマンドはばっちり。
犬好き、子ども好きの、気の良いラブラドールレトリバーの女の子です。
b0170124_18434655

なんと息子と同じ年、同じ月に生まれた同級生。
会ったその日から意気投合。
一緒に楽しい思い出を作ろうね。エリー。
これからよろしくね。
b0170124_18435760

------------------------------------------------------------------------------------------------
☆秋山美歩100%PAPER展
2012年6月1日〜14日
4年ぶりの個展です。
平和紙業ペーパーボイス大阪

☆兵庫県幼児教育研究会 (主催 兵庫県立こどもの館)
「造形あそび」の部の講師を努めます。
『雨でも楽しい!かんたんモビール』
〜赤ちゃんも喜ぶてるてる坊主!?〜
2012年7月27日(金)午後
生田文化会館 大ホール(250席)
神戸市中央区中山手通6丁目1番40号

☆「秋山美歩100%PAPER」展
2012年8月4日(土)〜17日(金)
熊取交流センター 煉瓦館
大阪府泉南郡熊取町五門西1丁目10番1号
煉瓦館ホームページ
作品展示と合わせて、クラフトワークショップも5日(日)に行います。

☆虹っ子講座
「くるくるカード」(仮)
毎年恒例、コープカルチャー西宮での夏休み工作講座です。
8月28日(火) 13:30〜15:30

クラフト定期講座
「秋山美歩のペーパークラフト」
神戸新聞文化センター新長田
毎月第2土曜日 10:00〜12:00
大人コースも同時開講中です。見学はお気軽に!

秋山美歩ホームページMIHOOME
-------------------------------------------------------------------------------------------

レーシック体験記、本日は手術についてです。

手術日はアイブロウを含みノーメイク、洗顔時の乳液、化粧水類も目の周りを除いて使用しなければなりません。

当日は入浴も出来ないため(首から下のシャワーは可)、朝の洗顔に妙に気合が入ります。

受付で予め記入して持参した手術同意書を渡し、翌日検査の日時を確認。
受付の方から、術後のケアセット(点眼薬5種類、就寝用保護眼帯、保護用サングラス)を受け取ります。
手術前の検査と診察(遺伝子検査の結果も伝えられる)を終えると、いよいよ手術!

私が施術した病院では、診察階と手術階が分かれており、診察の地階から16階まで裏口の専用エレベーターで移動。

「スタッフの誘導まで16階に上らないでください」
「手術が終わったら地階には戻らないで1階からお帰りください」
なぜか患者同士の接触を避けるルール?

6,7人の患者をひとまとめに16階に誘導し、麻酔の点眼薬を繰り返し注しながら、手術の注意事項と術後ケアの説明。

手術用のキャップを自分でかぶり、準備完了。

「メガネなしでも歩けるようでしたら、メガネもロッカーに入れてください。」

ここでついにメガネとお別れ!

名前を呼ばれた人から手術室に消えてゆきます。
機械の組み合わせにより、工事1と工事2を同室で行う場合と、別室へ移動する場合があるようです。
私は同室で移動無しの手術でした。

手術室に入ると、照明の暗い部屋に大きな機械と台があり、医師、看護師、工学技師の4人ほどのスタッフが挨拶してくれます。

台に自分で上ると、あっという間にドレープをかけられ、もうレーザー機械が眼前に!
「よろしくお願いします。はい、準備しますよ。緑色の光を見ていてください。」
瞼を開く器具を取り付け(これは無痛)、目玉を上から圧迫するゴムのような器具を入れられます。
このゴムのような器具を付けると、圧迫で眼前が真っ白に。
「はい、始まりますよー。」

圧迫感からくる痛みと何も見えない眼前にかなりの恐怖があり、心拍数急上昇!

「緑色の光なんかどこにも見えない!怖い!早く終わって!早く終わって!早く終わって!」

念じている内に数秒経過。「5秒。」カウントの声が聞こえて、数秒後に工事1終了。

ゴムのような器具をはずしたとたん、圧迫感から開放されます。

じわっと周りの景色が現れ、医師の顔が見えました。

その医師が徐に歯間ブラシのようなもので私の目玉をかするように手を動かします。
おそらくこれがフラップ捲り!痛みは全くありませんでした。

「緑色の点をまっすぐみていてください。はい、始まりますよー。」
まもなく工事2のレーザー照射が始まります。
こちらはちかちかする光が実際に見え、ものが焦げる匂いがします。
匂いでドキドキしますが、工事1ほどの恐怖はありません。
「5秒!」
こちらも数秒で終了。
この後のフラップ戻しは記憶にありませんが、瞼を開く器具をはずす前に素早くなされたのだと思います。

痛み止めの点眼を入れてもらい、自分で起き上がって部屋を出ます。
「あ、スリッパが見える。」
見えるようになっているのがこの時点で分かりましたが、涙としょぼしょぼする痛みが酷くて目を開けていられません。
隣の診察室で椅子に座り、目を閉じて30分安静に。
5分おき位に痛み止めの点眼をしてもらいます。

目を閉じていると、全く痛みもなく、手術が終わった安堵でいっぱいでした。
次々他の患者も入室してくる気配があります。

診察を終えると、
「今日はこれでお帰りください。」
とあっという間に開放。

術前検査からおよそ2時間。
手術時間は10分ほど。

ロッカーから荷物を出し、保護用サングラスをかけて、エレベーターホールへ。
ビルの16階窓から、景色が…。

「あ、見える見える!すごい!」

術後は1日程度白くかすんで見えます、との説明でしたが、涙でかすんで見える程度で、遠くまではっきり見えました。

十数年ぶりの裸眼でのはっきり見える景色。
コンタクトレンズで見るよりも立体的で鮮明に感じられました。

迎えに来てくれた家族とともに帰宅。
近くも遠くもはっきり見えることに大満足でした。

現在術後4日ですが、痛みはありません。
手術当日、翌日は左右差のあるショボショボ感で痛み止めの点眼が手放せず、ずっと目の疲労感がありました。
心配したハロー、グレア(夜間光がまぶしく見えたり、ぎらぎらして見える)は、意識するとわかる程度に発現しているようです。
症状が落ち着いてくるのか、定着するのか分かりませんが、夜間の運転などには当分注意が必要と思われます。

翌日検査での視力は右1.5、左2.0。

見え方に慣れるには1ヶ月ほどかかるそうですが、肩こりも減って大満足です。

手術に関して、当日は長く目を開けていられない方も多いと思いますので迎えに来てもらうことをお勧めします。
また、翌日から仕事は可能ですが、外回りなど、風のある環境でのお仕事はお休みされたほうがよいかと思います。

今後レーシック手術を受けられる方の参考になれば幸いです。

また経過にかわったことがあれば書いてみたいと思います。

レーシック体験でした!

------------------------------------------------------------------------------------------------
☆来年の個展が決まりました!
2012年6月4日〜14日
平和紙業ペーパーボイス大阪

クラフトレクチャー:
「秋山美歩のペーパークラフト」
神戸新聞文化センター新長田
10:00〜12:00
大人コースも同時開講中です。見学はお気軽に!

夏休み講座:
虹っこ講座 「はばたく鳥」
8月25日13;30〜
コープカルチャー西宮

「きのぼりおサル」
8月5日10:30〜正午
大阪府泉南郡熊取町 煉瓦館

秋山美歩ホームページMIHOOME
-------------------------------------------------------------------------------------------














レーシック体験記、しばらくお付き合いください。

レーシック手術を受けるためには術前検査を受ける必要があります。
私が施術を受けた病院ではインターネットから検査申し込みを受け付けており、申し込んだその日に電話オペレーターから電話を貰って検査日、手術日、翌日検査の時間まで予約することが出来ました。

インターネット申し込みから1週間後の土曜日を検査日に、翌日日曜日手術、月曜翌日検査に決定。
もっと先しか予約がとれないのかと思っていたので驚き。

詳細な視力や眼球、角膜の形状に関するデーターをもとに、まずはレーシックそのものが適合するかどうかを調べ、その後どのタイプのレーシック手術を行うかを決定します。
この検査にはアデリーノ検査という遺伝子検査も含まれます。
レーシックで発病が早まったり、病気が急激に進行したりするおそれのある遺伝性の病気のリスク有無を確認するための検査で、口腔粘膜を採取します。この検査結果は翌日以降に出て、陽性が出た場合には手術を受けることができません。

日頃ソフトコンタクトレンズを装用している方は3日前から、ハードコンタクトレンズの方は2週間前から使用を控え、角膜の状態を普通に戻して検査を受ける必要があります。

私はソフトコンタクトレンズだったので、術前3日間、検査日、手術日の5日間眼鏡のみでの生活になりました。

病院に入ってあまりの患者の多さに驚き、完全にオートメーション化された検査にまたビックリ。

普通の眼科にあるような検査機械が各12,3台ずつあるような広い施設に、医師や検査技師が大勢。

男性には男性の技師、女性には女性の技師が担当して検査をするというマニュアルがあるようです。

間にレーシックの種類に関するDVDを見たり(最高級と謳った最新の機械の素晴らしさをしつこく説く)、診察を長らく待ったり、検査をやり直したりしているうちに3時間が経過。

ようやく医師によばれて検査結果が伝えられ、レーシック適合に。ここでひとまずホッ。

角膜厚は人並みだが強度近視のため、レーシックの種類は限定され、ティッシュセービングイントラレーシックを受けることに。

レーシックの手術と言うのは角膜にフラップといわれるふたを作り(工事1)、それをペロンと捲った所から角膜を削って(工事2)、焦点距離を調整する手術です。
強度近視や乱視の強い人の手術では工事2において角膜を多く削る必要があります。
安全のために残しておかなくてはならない角膜厚+視力矯正の為に削る角膜厚<現在の角膜厚
に当てはまらない場合はレーシック不適となります。
つい最近まで工事1はカンナ状の刃物で切ってフラップを作るという恐ろしげな方法がとられていましたが、今はレーザーで全部出来るという!素晴らしいなあ。

「工事1」を行うレーザー機械と、「工事2」を行うレーザー機械の種類がそれぞれ3種類位有り、その組み合わせでレーシックの名称が変わってくるわけです。

その機械組み合わせに平日限定、医師の経験、患者の視力、目の状態など、の条件を加味してプランを作成、工事費用は9万円台〜30万円台まで様々。

最新のものと平のものがどうちがうのかと言えば、「レーザー怪が小さいので切り口がキレイ」「目の動きを忠実に追うのでもっと激しく目を動かしちゃっても大丈夫」というのが主な特徴のようです。

結果的にハロー、グレアと呼ばれる夜間光がまぶしく見える手術の副作用が出にくいのだそうですが、
「切り口キレイ」のために少しだけ角膜を余分に削ることになるようで、強度近視の人間には工事2の最新の機械は適しませんでした。むしろ平の機械が最適。(だから医師からは最上級を勧められもしない)

工事1に関しては平よりも一つ良い機械で手術をすると角膜厚を再手術可能なぐらい残せるということで、
私の組み合わせは
工事1(平より1つ上の機械)+工事2(平機械)で決定。

工事費用は22万円でした。
特殊なので割引チケットは使えず。
これは検査費用、手術、薬類、翌日以降の定期検査費用コミの価格です。
視力が戻ってしまった際の再手術保証が3年。
他のプランでは大体12年位の保証が付いています。
私は強度近視なので、3年保証の手術しか選択肢がありませんでした。

一番安い工事組み合わせでは、9万円台からというプランもあるようですが、これは平日にしか受けられない、比較的近視の軽い患者向け、などの条件があります。
手術当日に他の患者が受けていた手術の名称からみても、病院側はあまり安い手術に適合を出していないのではないかと思われます。
または患者自体、強度近視で困り果てている人間ばかりなのかもしれません。

そして、高額なレーシック手術ほど、友だちからの紹介チケットなどでの割引率が高くなります。
結局、18万円〜25万円ぐらいで受ける方が大半なのではという感がありました。

診察の最後に、医師から
「なにか質問はありますか?」と聞かれました。

「…フラップをめくるのは手動ですか?」(←DVDでもフラップめくりに関しては全く情報が無かった)
「手動です。人間がやります。」

ひええ、怖い。
手術体験記に続きます。

------------------------------------------------------------------------------------------------
☆来年の個展が決まりました!
2012年6月4日〜14日
平和紙業ペーパーボイス大阪

クラフトレクチャー:
「秋山美歩のペーパークラフト」
神戸新聞文化センター新長田
10:00〜12:00
大人コースも同時開講中です。見学はお気軽に!

夏休み講座:
虹っこ講座 「はばたく鳥」
8月25日13;30〜
コープカルチャー西宮

「きのぼりおサル」
8月5日10:30〜正午
大阪府泉南郡熊取町 煉瓦館

秋山美歩ホームページMIHOOME
-------------------------------------------------------------------------------------------

日曜日にレーシック手術(視力矯正手術)を受けました。

施術前の私の裸眼視力は右0.02、左0.03。

コンタクトレンズの度数でいうと−11Dとー9Dという強度近視。(右はタイガーウッズと同じだ!)

数十秒のレーザー手術で今や1.5と2.0です。

眼鏡ナシで生活できるのは12年ぶり!

まだ目が疲れやすいのと、多少のチクチク感があるため、長くパソコンに向かうことはできませんが

私自身、長い間興味があり、検索することも多かった視力矯正手術。

術前検査と手術については、これから詳しく書いておこうと思います。
IMG_2673


画像は術後に見えた大阪の風景。ビルが立体的に見えて、感激でした。

------------------------------------------------------------------------------------------------
☆来年の個展が決まりました!
2012年6月4日〜14日
平和紙業ペーパーボイス大阪

クラフトレクチャー:
「秋山美歩のペーパークラフト」
神戸新聞文化センター新長田
10:00〜12:00
大人コースも同時開講中です。見学はお気軽に!

夏休み講座:
虹っこ講座 「はばたく鳥」
8月25日13;30〜
コープカルチャー西宮

「きのぼりおサル」
8月5日10:30〜正午
大阪府泉南郡熊取町 煉瓦館

秋山美歩ホームページMIHOOME
-------------------------------------------------------------------------------------------

およそ3時間半かけてある手術の適合検査を受けました。

もうへとへと。

今日は3時間おきにこの目薬を注して早く寝て、明日はいよいよ手術です。

回復したらレポートを書いてみることにします!
megusuri

------------------------------------------------------------------------------------------------
☆来年の個展が決まりました!
2012年6月4日〜14日
平和紙業ペーパーボイス大阪

クラフトレクチャー:
「秋山美歩のペーパークラフト」
神戸新聞文化センター新長田
10:00〜12:00
大人コースも同時開講中です。見学はお気軽に!

夏休み講座:
虹っこ講座 「はばたく鳥」
8月25日13;30〜
コープカルチャー西宮

「きのぼりおサル」
8月5日10:30〜正午
大阪府泉南郡熊取町 煉瓦館

秋山美歩ホームページMIHOOME
-------------------------------------------------------------------------------------------

ようやく紅葉も終わりを向かえ、色とりどりの落ち葉が地面を彩っています。
本格的な冬の訪れ!

みなさんお元気ですか?
ご無沙汰してしまいましたが、私は元気に子育てしております。
DSC02086


先月よりレクチャー講師業に復帰し、作品作りも再開しました。
息子は生後3ヶ月になり、人の顔を見てにこにこし、こぶしをしゃぶり、高らかにげっぷをして、大声で泣き、毎日親をへとへとにしてくれます。
「赤ん坊ってなんて賑やかなんだ!
 そして人間って素晴らしい!」
息子の遊びっぷり、おしゃべりっぷりを見るにつけ
「犬ではこうはいかんなあ…。やはり人間の赤ん坊なんだなあ。うーんすごい。」と妙に感心。
比べるのがおかしいって?だって今まで犬の子しか育てたことないもの。


さて、ケーブルテレビ、ベイ・コミュニケーションズさんに取材をして頂きました。

以前本編にも出演させて頂いたことがある「ねっとわーくプラス」という番組の「C's style cafe」のコーナーです。

先日スタジオでの撮影に行ってきましたが、妊娠中にも一度取材をして頂いているので「妊娠ビフォーアフター」の要素もありかしらん(?)

これからの展望は?これから作りたいものは?
質問に答えながら、新たな闘志がフツフツと湧いてきました。

放送は
2011年1月24日(月)〜1月30日(日)連日繰り返し放送されます。
ベイコム視聴エリアのみなさん(大阪市西部、西宮、尼崎、伊丹あたりのようです)、新年にぜひご覧くださいね。

画像は撮影後のひとこま。
ケータイ撮影会です。
私は作品を撮影するみなさんを撮影しました。
カシャッ!
bay

5
前回の更新から一ヶ月以上!(スミマセン)
梅雨らしい湿っぽい毎日で気分は滅入りがちですが、
近所のそこかしこで紫陽花が元気いっぱい花を咲かせています。

さて、気温に比例して多くなってくるのは愛犬ぼんぼんのお風呂の頻度。
彼女の体質なのか(失礼!)、折角お風呂に入ってフローラルぼんぼんになっても、
3日もすると何かこう…マックフライポテトのようなホクホクした臭いに。
ま、それはそれでぼんぼんらしくて良いのですが。

今回はそんなマックポテト犬ぼんぼんのお話を少し。

今日は6月28日。フレンチブルドック専門誌「BUHI」7号の発売日でした。
「BUHI」というのはフレンチブルドッグオーナーの間では大変有名な季刊誌で、わたしもぼんぼんを飼う前から愛読していました。
BUHI

 実は先月自宅にてライターの水田さんの取材を受け、今号の「大粒の涙 よろこびの連なりへ」という題名でぼんぼんが特集されています。テーマは「耳の聞こえない犬との暮らし」。
 取材を受けるにあたり、記憶の限りに一生懸命お話ししたのですが、こうして綺麗に文章になって印刷されているのをみると嬉しいやら恥ずかしいやらで、思わずぼんぼんを裏返してコチョコチョして嫌われました。
bon


 彼女との出会いから今までのお話は記事にも掲載されています。
 少しだけ出会いについて補足をするならば、
私が初めてぼんぼんと出会ったのはちょうど1年ほど前、「いつでも里親募集中」というサイトを覗いた時でした。有名な「富士丸な日々」というブログのバナーでこのサイトを知り、「京都在住のブリーダーの繁殖リタイア犬」として掲載されていたぼんぼんに目が止まりました。鼻ばかりか鼻のまわりも真っ黒なフレンチブルドッグ。しつけは入っていないということでしたが、一度会ってみようとすぐボランティア団体に連絡を取りました。
 稲荷山のドッグランでお見合いをさせてもらい、ぼんぼんを初めて見た時の感想。
 「おーかわいい!!でも??」
写真以上にかわいい、ころころしたぼんぼんがそこにいたのですが、あまり人に対する感情がない、そんな感じがしました。散歩中にひっぱるわけでもない、触られると嫌がるわけでもない、でも人間との間で常にコミュニケーションを取る、という状況に育たなかったのだということは確かなようでした。
私は9月の引っ越しを機に犬が飼える環境になるのが嬉しくて里子を捜していましたので、ボランティアさんにかなり無理をお願いして、9月引き取りのお約束で里親になることにしました。
 ぼんぼんはそれからブリーダーから離れて、初め1か月は奈良のペットホテルで、次の一ヶ月は「一時預かり」と呼ばれるボランティアさんのお家で過ごすことになります。
 2ヶ月後に我が家(引っ越し先)に現れた時には、犬が変わったように明るい顔の犬になっていました。毎日散歩に行ったり、ご飯をもらったり遊んだりという最後の1ヶ月で人間に対する意識は大きく変化したようで、以前のように「関心なし」ではなく、私たち(この時点ではぼんぼんにとっては他人です)に対しても「知らないヤツだなあ‥?」位の距離のとり方だったように思います。これはそのあとのしつけにも大きく影響しました。ボランティアさんには本当に大感謝!です。また、トイレのしつけについてもボランティアさんのお家でかなりの上達を見せていたようです。我が家に来た当初、ボランティアさんのおうちと同じ方法でトイレさせるのか、全く違う我が家流のしつけに切り替えるのかかなり悩んだ末に再訓練することになり、ぼんぼんには二重にしんどい思いをさせてしまったかもしれません。それを追記しておきます。
ぼん

 それから、耳が聞こえないことが分かるまでの経緯、また、しつけが遅々として進まないぼんぼんと私がとった行動は「BUHI」7号をご覧下さい。

小さいころから犬と生活して来たとはいえ、家族で犬を子犬から飼った事しかなかった人間としては、耳が聞こえずさらに成犬でうちへ来たぼんぼんとの生活は「こんなに大変なのか」と思う事しきり。勉強の毎日でした。
言葉のコマンドが通らず、主従関係もまだ築かれていない段階でどうしつけをするのか。
もうそれは「生活習慣」というひとことにつきるのではないでしょうか。
こちらがして欲しい事を、良いも悪いもなく、ただ毎日、失敗しても繰り返す。
そのうち主従関係が出来てくると、犬が自分で「あー、そうか。飼い主はこれをこういう風にやって欲しかったのか。」と気づく。そういう流れでひとつずつ時間をかけて覚えて行きました。

実家の犬もそうでしたが、犬のしつけって飼い始めて2、3ヶ月でなんとなく終わってしまうもの。
上手く行ったらもう思い出すこともないのではないでしょうか?
しつけが上手く行かなくて、困っている人だけが誰かに相談したり、ネットで情報を探したりします。
私もどうにも行き詰まった時に「ぷうにぃ わんわん」のサイト(目と耳が不自由なアルビノオゥシーの白雪ちゃんのサイト)の「難聴犬と暮らす」のページを参考にさせて頂きました。

白雪ちゃんのサイトのように、それぞれの障害に対するしつけの仕方を整理して掲載しているサイトはとてもまれです。
困っている人が困っている人どうし集まって、やっぱりみんなで困っている、というコミュニティも多く存在しているように感じました。

困っている人間としては、成功している人からこそ情報を聞きたいもの!
成功した人こそ、「もう終わったから」と流してしまわないで、そのしつけをぜひブログやホームページで発信して欲しい。
そんなふうに思って、記事の最後に「そんな犬とその家族の為のサイト」の件をお話しました。
記事を発端として何らかの情報交換があれば、と考えています。
ご意見ご感想等お寄せください。
お待ちしております。

そして、「BUHI」をご存じない方!
書店でぜひ手に取って、ポテト犬ぼんぼんの勇姿、確かめてみて下さいね。

ではまた。
ぼん2

5
9e7e630c.JPG大学院卒業を前に、なんと学長表彰を受けました。
頑張ったかいがあったなあ。
本当に幸せな1日でした。

さて、どれが私でしょう。
みなさん学部生なので若いですね。すぐわかる。
一人だけスーツを着ていない学生が私です。
スーツもっていないんだもの。


↑このページのトップヘ