2009年11月24日

マンハッタンレポート(2)地下鉄編

NYの地下鉄の印象。
(1)路線によって雰囲気がぜんぜん違う。
(2)自動改札機の精度が悪い
(3)乗っちゃえばどこでもすぐに到着
マンハッタンは小さな街なので、サブウェイの降り口で「uptown」と「downtown」を間違えなければ、とんでもないところに行ってしまうことはなさそう。
2度目のNYでしたが、メトロカードの買い方は毎回まごつきます。「コインのみ」などというふざけた表示しか出ない機械があったり(8ドルもコイン持ってないぞ)、クレジットカードを使おうとすると「zip codeを入力してね」(日本の郵便番号入れても買えるのか?)という表示が出たりで「???」。
機械を変えるとすんなりキャッシュで買えたりするからますます訳が分からない。
加えて自動改札の機械の精度が悪くて、メトロカードをスライドさせたとたん「もっとゆっくり通せ!」の表示と共にバーがロック、ゆっくりスライドさせて再挑戦するも今度は「遅すぎる!」。もう一回やり直してやっと通れたと思ったら、乗車料金を2重取りされてたりしてびっくり。これが続くと癇癪を起こしそうになります。
慣れれば何となくすんなり通れるようになるのだけれど、コツをつかむまではちょっと大変。
他のニューヨーカーも度々バーにひっかかっていたので、こんなもんなのでしょうね。
路線によっても客層がまったく違うのもニューヨークらしい。
ブロンクス方面へ向かう地下鉄は、北へ向かうほどプエルトリコ系の人たちが増えてくるし、チャイナタウン方面に乗ると「おや御堂筋線かしら」と思うほどアジア系の顔ばかり。
駅構内の芸術家たちのパフォーマンスも名物です。
地下鉄構内でどうしてあんなに良い音が響くのか、はっとするほど上手いチェロの演奏があって思わず立ち止まりました。
ジャスバンドとダンスのパフォーマンスなどもあり、狭い狭い構内に観客と演奏家がひしめいて何ともNYらしい熱気をかもし出していました。
そうそう、ユニクロの全車両ラッピング広告も見ましたよ。
ヒートテックはアメリカでも大人気!
暖かいものね!
次回マンハッタンリポート(3)はリトルイタリー編!

IMG_0245

IMG_0234




facebook公式アカウント

Instagram

My Twitter
Follow me bannerメーカー
Profile

あきやまみほ