みほにっき

立体アーティスト秋山美歩のブログ!

2009年07月

玄光社のイラストレーション専門誌「イラストレーション」に掲載されました。
最新号2009/9(隔月です)の113ページです。
最初のスプーンでの個展、去年の東京での個展、そして今回の個展と3度目の正直での掲載。
個展には編集長が来て下さって感激しました。
このご縁に本当に感謝。
写真の質という課題はあります。頑張ります。

全国の書店でお求め頂けますので、ぜひ‥。うふ。

この調子で最近の胃液の過剰分泌にも決着をつけなければ。

モデルのぼんぼん氏、ごくろう。でも頼んでないぞ。
イラストレーション1

イラストレーション2

最近なかなかブログに登場しない、我が家のアニマルたち。

リクガメのひめ(最近ひめは男子なのではないかという疑いが浮上。「殿」に改名か)も
フレンチブルドッグのぼんぼんも元気にしています。

ぼんぼんは最近おもちゃを新調(画像上)。
とうもろこしデンブンで出来ているというホネ型のおもちゃで、ぼん氏の顎をもってしてもなかなか破壊出来ない優れもの。
生物兵器ぼんぼんは、ぬいぐるみは秒殺。ロープも秒殺。たまにはクッションも秒殺。
このホネ、必要以上に大きいとお気づきの方。鋭い。
ぼん氏は飲み込めそうなものはなんでも飲んでみるチャレンジャーなので、絶対に飲み込めない超大型犬用XLサイズを所有しています。
これは絶対飲み込めまい。
持ち運びは重そうですが、トイレに行く時も持って行きます。(そしてトイレに忘れて帰ってくる)
これミルキーの匂いがするんですよ。
うーん、甘い。

写真下はヨダレで汚染される洗いたての洗濯物です。
ソファに置いた私が悪かったわ。

以上ぼん氏の近況報告でした。
あー暑い。
ぼんホネ

ぼん洗濯物

おやおや。
早いものでもう7月。
個展終了後、嬉しいお知らせやお申し出を頂き、充実した日々を送っております。
作品を待って下さる方がいて、レクチャーも多い今年の夏は忙しくなりそうです。
画像は平和紙業ペーパーボイスでの先月の「秋山美歩100%PAPER展」。

そうそう、今年は生まれて初めてお中元をいただきました。
いやあ、感動的!(笑)
ニヤニヤしながらお礼状書きました。うーん、嬉しい。楽しい。しかも美味しい。

今日は神戸新聞文化センターの「秋山美歩のペーパークラフト講座」の記念すべき第1回で、
「街を作ろう」をレクチャーしてきました。
新春に初めて打合せをして、体験レクチャーを重ね、やっと開講できた講座。
初めて会うお子さんもいたので、緊張して(私が、ね。生徒さんは余裕です)
写真を撮るのを忘れましたが‥…
山やトンネルに踏切、個性的な街ばかりでした。お家でも続きを作ってくれたかな。

さて、7月3日に朝日放送ラジオの超人気番組「全力投球!妹尾和夫です」がフィナーレを迎えました。
去る6月10日に「おでかけレポート」のコーナーで出演させて頂いた番組です。
放送でもお話したのですが、私はこの番組の開始当初からのファンなのでとっても寂しい。
制作をしながら聞く、「全力投球」→「心晴天」(「スラスラ水曜日」等、曜日毎の番組)→「元気一番」は黄金のコースメニュー。

なかでも「全力投球!妹尾和夫です」は「カズぼん」や「ヤマザキメロンパンサンド」「おかあさんのカレー」など数々のヒットを産んだ伝説の番組。公開生放送にはたくさんの方が集まり、お祭り騒ぎでした。
6月10日に出演させて頂いた後は、「妹尾さんが良いって言ってたからね。」とたくさんのお客さんが個展に来て下さいました。ギャラリーへのお電話で「最後に妹尾さんと話していたところ、聞き逃したからもう一回しゃべって」というご要望もあったりしてビックリ。
怒りに震えながらニュースを語る妹尾さん、リスナーのお便りに涙する妹尾さん、「必殺和夫侍」を演じる妹尾さん‥。
何か大きな事件があった翌日には、「妹尾さんは何て言うかな?」と9時ちょうどにラジオに耳を澄ましていた人、多かったのではないでしょうか。
なんでしょう‥。
こんな言い方をすると失礼かも知れませんが、妹尾さんて、本当に普通‥。
有名な役者さんであるにも関わらず「俺はあんたらとは違うんだぜえ」というのが微塵も感じられなかったこと。
お話しすることが、常に、真面目に一生懸命働きながらラジオを聴いているリスナーによりそう内容であったことが人気と信頼の秘密であったように思います。
またラジオで妹尾さんの声を聞きたいなあ。
そして番組終了を前に、アーティストとして妹尾さん、乾アナウンサーとお話できたことは本当に嬉しく、貴重な体験でした。
ありがとうございました。

「うまいことしゃべるのではなく、なにが伝えられるかが大事だと思ってやってきた」
涙の最終日の妹尾さんのことば。
何をするにもほんとうに大切なこと。心にとめておきます。


「記憶よりも記録に残る番組に‥あ、間違えた逆やった‥」も忘れません。

求む復活!これからもいつもどこかで全力投球!

個展1

個展2

個展3

このページのトップヘ