みほにっき

立体アーティスト秋山美歩のブログ!

2008年08月

5
何だか最近体力が落ちた…?

ということで、ナイキのランニングシューズを購入。
 最近は車移動ばかりで、運動といえば犬の散歩程度。程度といっても朝晩合わせて1時間弱にはなるので、そこそこ運動にはなっているかと思うのですが、何しろぼんぼんのペースなので3歩進んで2歩下がるような超スローペース。
 走るのが好きな私は、まずジョギングからということで、始めてみようと思います。
 シューズやウェアも新しい物は見るだけで楽しい。
 記念に真新しいシューズをパチリ。
shoes

 さて、勝手にDVD鑑賞強化月間ということで、SATCに続き「恋愛小説家」と「ドリームガールズ」を見ました。夜な夜なDVD。
 「恋愛小説家」は両主演俳優がアカデミー賞を獲得した名作。でももっと早くに見れば良かった!こちらがオリジナルなのは百も承知ですが、コレに限っては日本のドラマ「結婚出来ない男」の方が面白かった。日本のドラマではヒロイン役はお医者様、主人公は売れっ子建築家でしたが、「有名小説家とウェイトレスの恋」よりももう少しリアリティがあったかな。年齢的には日本の方がそれぞれ10歳ぐらいずつ若い設定。これは年齢に対するプレッシャーが欧米より日本の方がそのくらい若いことに関係しているのでしょうか。オリジナルより面白いドラマは貴重ですね。阿部寛、万歳。でもジャックニコルソンくらいセクシーでかわいいおじさん俳優は日本にはいませんね。最初から最後まで気持ちよく笑えた良作でした。

 「ドリームガールズ」はレビューを見ても好評価ばかりだったので期待しすぎてしまいました。
 ミュージカルなのに印象に残る歌は「ドリームガールズ」だけ。主人公たちが乗り越えなければならない壁は「嫉妬」って少し子どもっぽく思えました。さらにジェイミーフォックス演じるモテモテプロデューサーが最初から最後まで何考えてるのか今イチつかめなかったのが気味悪くて仕方ない。もう少し口を開いて何か話して欲しかったな。
 ミュージカルはテーマが重くても楽しませて欲しい!「ムーランルージュ」みたいに鳥肌がたつような高揚感が欲しい!
 というわけで次回は話題の「ハイスクールミュージカル」をレンタルすることにします。
 その前に「ウォルター少年と夏の休日」を観なきゃ。録画した「舞妓Haaaan!」も。

16日に、半年前から楽しみにしていた映画「SEX AND THE CITY」を見て来ました。
もちろん先行上映初回で!

面白かったか、そうでもないか、色々な批評サイトを見てもおおむね好評なようですが、
ドラマのファンの人が書いたレビューははっきり言ってなにも参考にならない。
私もそうですが、キャリーが性格悪かろうが、サマンサがスミスと別れようが別れまいが、主題歌が映画館で流れただけで大感激。サマンサが斜め上45度で「ファビュラス!」と叫んだだけで満足。ファンはそんなもんです。そして私はそんなファンの一人なので、たいした感想はかけませんが‥。

物語の舞台はもちろんニューヨークはマンハッタン。
ドラマの最終章で、それぞれの運命の人「one」と満足出来る肩書きを見つけた仲良し4人組、キャリー(コラムニスト)、サマンサ(PR会社経営)、ミランダ(弁護士/弁護士事務所経営)、シャーロット(専業主婦/元アートギャラリーキュレーター)は多忙な毎日を送っている。
「マンハッタン最後の独身貴族」キャリーはついに憧れのMr.ビッグにプロポーズされ、リッチな結婚式を計画しはじめるが‥…。

衣装、見た目、音楽はドラマ以上の豪華さで、目に楽しい耳に楽しい。
出演者はみんな40代ですが、自分に似合う物が良くわかっている感じで、堂々としていて素敵でした。
ストーリーもよくできた話だとは思いましたが、30分ドラマの完成度の高さから考えると、2時間が長過ぎるのでは?と思いました。30分で涙も笑いも全部描くスキルがあるのに2時間もダラダラしてもったいない。
 私はこの世界的大ヒットドラマの「下着を手洗いしながら友だちに電話をする」シーンや、「これ可愛いわね。でもお金ないから今日は絶対買わない。試着だけ。これ全部試着♪」と大騒ぎしながら「友だちと一緒に買い物に行くシーン」の他ではちょっと見られないリアルさが好きだったのですが、映画では主人公たちがリッチになりすぎてそういうシーンが出てこない。
 またキャリーは「大人になろうと努力している」キャラクターだったのに「大人になりきれてないのに大人ぶっている」キャラクターに変化していて少し滑稽に感じられました。相変わらず性格悪いのね。
他の登場人物が、それぞれ精神的に成長しているだけにこれは残念。
私は映画でもやっぱりミランダを支持します。

また映画では「4人は仲良し」シーンが多用されていましたが、その仲良しハイテンション具合はドラマの視聴者でないと理解しがたいのでは?とも思いました。

映画だけを見た人のレビューは酷いのでは?というのが正直なところです。
でももう一回ぐらいは公開中に見に行ってしまう予感。
だってファンだもの。

映画を見る前にぜひドラマを見る事をおすすめします。
あるいはソフィアコッポラの「マリーアントワネット」を見るつもりで映画館に行くと、同じように楽しめるかもしれません。

もっと頑張れキャリー!





5
学生のみなさん。夏休みの宿題はお済みですか?
tv
宿題終わるまでチャンネル権剥奪(股間に注目)

さて、昨日はコープカルチャー西宮(西宮北口)にて工作レクチャーを行いました。
今回は既製の型紙を使わず、全員が設計図から自分で描いて作ってみるという新しい試みで、こういったものを作りました。
sp

高学年向けにと思っていたこの教材、なんと一年生〜六年生までの応募者があり、不安と期待満載でスタートしました。
最初のスケッチこそこのレクチャーのキモだわと思っていたのですが、日頃からカルチャースクールに度々参加している子どもたちのこと、思った以上に快調な滑り出しでした。
型紙なしでペーパークラフトを作るのは皆初めてだったようですが、シマリスやクジャク、サイやキツネなど特徴を旨く捉えて「顔」を作ってくれました。

作品の画像を載せたいところですが、レクチャー中自分で撮影する余裕は全く無かったので(必死)、コープこうべのスタッフの方に撮って頂いた全体風景等を後日アップしたいと思います。

参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
次回もっと面白いレクチャーができるといいな。また工夫します。
まずはお礼まで!

顔

ぼん1
ちがうよ。何時だと思っているの?

昨日は家族の手術で、病院につめておりました。
手術自体は難しいものではなく、幸い取れば治ると、そういう類いのものだったのでさほど心配していなかったのです。
でも、
待ち時間が長い。
検査までが長い。
説明が始まるまでも長い。
手術はじまってからも長い。
とにかく何でも長い。
喫茶のご飯が少ない。

待っている間に妙に高まる緊張感。
結局ぼんやり待合に座っていた時間合計5時間ほど。
一同疲弊。

さて、手術も無事に終わって、
「先生から手術室で説明があります。」と呼び出されました。
疲れた顔で緊張して待っている我々のもとへ主治医の先生(女医さん)が颯爽と登場。
手にはなにやらビニール袋。
私の目の前まで来ると、袋の中身を取り出して、手袋で激しくモミモミ‥。
「この手術にしては時間がかかりましたが、問題ありません。モミモミ
 これが胆のうです。
 ここをぎゅーっとすると胆汁がでます。」モミモミモミモミ
「はい。」
「このへんに胆石があります。記念にもって帰ってもらいましょう。アハハ」モミモミ

先生、ちょっと変態みたいです。

いや、頼れる先生で良かった。
ありがとうございました。
母の麻酔も無事覚めて、本当にホッとしました。

それにしても。
誰かの内臓、見たことがありますか?
私は母の胆のうを見ました。
ちなみに姉の盲腸も見ました。
父のも何か見たような気がする。
大事な中身、大切に。

ああ、疲れた。
病院に行って思う事あり、もっと違う内容を書こうと思っていたのにこんな日記になってしまった。
そういつも。
本当に伝えたいことは、いつもことばに出来ない。
ぼん2

北島選手が金メダルをとりましたね。
「アテネの金と比べてどうですか?」とインタビューされた北島選手が初めて見せた涙。印象的でした。
日本人選手が競泳で2連覇とは、本当に素晴らしいです。
今夜は彼がテレビを独占しそう。見る事にしようかな。楽しみ楽しみ。

さて、世間ではそろそろお盆休みに突入?
会社によっては先週土曜日あたりから長期お休みのところもあるようで、朝の通勤も少しは楽だとか楽じゃないとか。(夫談)
実家にいた頃は、お盆とお正には近所の道路の車がまばらになり、銀行が閉まって「おやすみムード」がそこらに充満していたものですが、こちらに引っ越して来てからは両方ともいつもと変わらず。
もともと日中は他所から来たセールスマンが不信に思うほど静かなご近所。(「人がいない街なのかと思いました。」とおっしゃる方もいらっしゃいます)
むしろ、こちらの祖父母の家等に帰省して来たちびっこたちのお陰で、賑やかなくらいです。

今朝ぼんぼんと散歩をしていたところ、あるお家から

「こらあっ!恥ずかしいからパンツはきなさいっ!!」

という叫び声が‥。上品な年配のご夫婦のお宅です。

「まさかあのおじさんがパンツを!?」

いやいや、おそらく帰省して来たお孫さんたちが悪さをしているのでしょう。
お盆ならではですねえ。

さて、我が家の会社員、夫のR氏は今日もうなだれて出勤して行きました。
我が家の朝はだいたい7時に起床で、私は起き抜けに着替えて犬の散歩に行き、R氏は朝食を食べてテレビの前で二度寝。
今日は私の寝起きが悪過ぎて、起き抜け散歩が出来なかったので、見送りがてら一緒に散歩へ行く事にしました。
そしてR氏の2度寝につき合うぼんぼん。
二度寝
この2人朝だけはとても仲が良い。
夕方以降は、おもちゃやソファの取り合いをやっている宿命のライバル同士。
あなた方ひっついて暑くないの?
二度ね2
よくその姿勢で寝られるなあ。

R氏が出勤した後は、涼しいうちに勉強したりなるべく仕事を片付けてしまいます。
下界よりは涼しいとはいえ(我が家は山の上)、昼過ぎには30度を超す暑さになるので、冷房を付ける前に掃除機を‥かけたいんだけど。
掃除機
フレブルの抜け毛はとても多いので、毎日しっかりすみずみまで掃除しないと白い毛がそこら中にふわふわ。
だから、かけている間は遠くへ行っていて欲しい。
でも彼女は耳が聞こえないので、掃除機なんて怖くも何ともない。興味の対象外。ずっと私の後を付いて回って、至近距離でお座りしたり寝てみたり。
掃除機2
寝るんか。

自分のお昼を作る前にリクガメのヒメにもお昼ご飯を。
私もヒメもお昼にチンゲンサイを食べる事にしました。たいてい1袋2束入りなので、一束ずつね。
ヒメ
ヒメはここでご飯を食べたあと、庭へ出て夕方まで運動します。
外で食事させると鳥が集まりそうな気がして怖いので。
鳥に教われる大きさではないかもしれませんが。ちなみに90センチ水槽です。
外で運動するようになってから急激に成長しています。

私がチンゲンサイを入れたのはコレ!
おいしい
タイのトムヤムラーメン!!外国モノの食料品店に立ち寄った際にまとめ買いしてストックしてあります。
どの野菜にも合うし、食欲が無い時に最高です。
身体にいいとはいえないでしょうが‥食欲を無くして何にも食べないよりましだと思って。
激ウマでござます。
みなさま一度お試しを。

さあ、昼からは涼しい部屋で頑張ろう。
クーラーばんざあい。

5
DM1

DM2

個展のDMが完成しました。
実際にはコレに個展の紹介文を入れたものです。

ふと考えてみると、仕事以外で自分で開く個展は4年ぶり。
古い物から新しい物まで、幅を見せられたら。
‥と自分でプレッシャーをかけつつ、ぼちぼち準備していきたいと思います。

期間中は連日在廊予定ですので、ぜひお越し下さい。

来年は大阪での個展も決まりそうですので、良いお知らせができるように頑張ります。

DMは住所の解る方にはお手元にお届けします。
ご希望の方はメールにてお知らせください。
http://www.mihoome.com/
ホームページ下段「お問い合わせ」をクリック!

2008年10月27日〜11月1日
11:30〜19:00(最終日は17:00まで)
GALLERY HOUSE MAYA
東京都港区北青山2-10-26
http://www.gallery-h-maya.com/
地下鉄外苑前駅3番出口よりすぐです。

個展紹介文:
1982年山梨県生まれ、大阪府出身。
関西を中心にウィンドー展示等で活動。
紙から生まれた動物たち、ドラゴン、ワニ、サイや
人間たちをギャラリーにびっしりと集めました。
100%紙素材の質感、またその大きさと迫力を感じて下さい。
東京での初個展です。

5
水曜レディースデイ、夏休み、真っ昼間、92%子ども(残りは親)という満席の映画館で「崖の上のポニョ」を見て来ました。

前評判は賛否両論あったようですね。(批判したいだけの人が大半?)
私は「‥だって何かポニョが白目がちでかわいくないから‥」という理由で今まで見に行っていなかったのですが、友人である作家さんの「いや、ポニョはめちゃくちゃ可愛い。」という言葉でどうしても劇場で見たくなり鑑賞に至りました。

物語冒頭から「この時代にあって全て手描きのアニメーション!」と騒がれている絵柄のことばかりが気になって、10分ほどストーリーに集中出来ませんでした。先入観があるからか、トトロのアニメーションよりも違和感を覚えたんですよね。
 今覚えば、アニメーションの動きに違和感があったと言うよりも、街や背景に使われている浮いたような色使いが気になったのではないかと思います。今までのジブリ作品では森は森らしく木の匂いがするような色使いをイメージしていたのですが、今回はディズニーランドを彷彿とさせるような、パステル調の可愛らしい建物や生き物がたくさん登場しています。
 それはもう全力でファンタジーです。

驚いたのは、宗介(5歳の男の子)がポニョと初めて出会うシーン。
男の子はズボンの裾をまくって、靴を脱いで、チャプっと海へ踏み込むのですが、私の隣の席の小さい男の子が
「あっ!冷たいっ!」と叫びました。
「えっ!?」と思って画面を見直しました。ああ、たしかに冷たそう!
それまでストーリーばかり追っていて、宗介が半袖を着ていることにも気づいていなかったのですが、外はもう暑いけど水がとびきり冷たい、そういう微妙な季節(6月末ぐらいでしょうか)が舞台なのではないかと思いました。
 全編通して、宗介が触れる水はどれもひんやりして気持ち良さそうで、川底を踏んで歩く宗介の足が白くキラキラしています。お水に注目して見るとまた別の楽しさがあるかもしれませんね。
 3歳ぐらいの子どもに「お水が冷たい!」って叫ばせただけでも、このアニメは大成功なんじゃないか?

ストーリーは‥あまり詳しく書きませんが、ちょっと消化不良でした。
「なんでポニョはそんなに宗介のことが好きなの?」
「なんでポニョの両親は別居しているのか?」
「命の水って何?」
「なぜ宗介は両親を名前で呼ぶのか?」
など説明して欲しいことがたくさん出て来てしまって、モヤモヤしました。数えきれないサブストーリーの存在を感じます。
もしかして本当は3時間半ぐらいある映画を2時間にカットしたんじゃないのか?ディレクターズカット版が見たいわん‥なんて。

周りの子どもたちは、シーンごとにワアワア言って大喜びです。
見所と言われる大津波のシーン、私は宗介たちが波に飲まれてしまうのではないかとハラハラしていたのですが、子どもたちは大笑いするんですね。
「みんなこのシーンで笑えるんだ。すごいな〜。」

‥ああそうか、この映画の見方を間違っていたぞ。
「初めて行く公園で初めて会う誰かと友だちになって、明日も遊ぶ約束をして家に帰った」ようなあの頃の気持ちで見ると、何の疑問も湧くはずがないんですね。
会ったばかりでも好きな子は好きだと。
魔法が使える子もいるし、自分もいつか使えるかも!?

子どもに混じって鑑賞したおかげで、頭の中をリフレッシュ出来た2時間でした。
レイトショーで静かに見るのもいいけど、真っ昼間に大勢の子どもと見るのも面白いですよ。

声を大にして言いましょう。
ポニョはかわいいぞー!!!
そしてジブリ独特の(オームや顔なし、シシ神さまなど)おぞましさとギリギリな命の躍動感も健在です。

さあ来週は大人の世界R12指定「SEX AND THE CITY」を見に行くぞ。ワクワク。先行上映予約とれるかしらん。
ミランダー!キャリー!

画像は我が家のボニョ‥(散歩中木の葉にて顔面をわずかに負傷。完治間近です)。
ボニョ

このページのトップヘ