ペーパークラフト/造形作家 秋山美歩のブログ

4
今日はオークションでお買い物をしました

買ったものは!


こんにゃく粉と炭酸ナトリウム(*´∀`*) きゃー!!


ハンズに行っても購入できず、画材屋では取り扱いがなく、探し回っていたら案外身近なところにありました。
ああ、嬉しい
あとはミキサーがほしいので、後でミドリ電化に殴りこみます。

これらのもの、料理に使うわけではありませんよ。
こんにゃくはスーパーで買う派です。

ムフフ。


今日は天気がよいので、リクガメのヒメもお外で散歩中です。
画像をアップしたいのですがカードリーダーが行方不明なので保留です。
ではでは。

5
東京で作品展示します。
といっても新作ひとつです。

5月11日〜5月13日に東京ビックサイトで行われる日本ホビーショーのコニシボンドのブースで作品展示することになりました。
紙用速乾ボンドを大いに宣伝します。

そして作品を今から作ります。
泊りで東京行きます♪

ところで、肩こりがなおらず、花粉症もまだ続いています。
堪忍してください。
肩こり撃退のため、ラジオ体操が日々の日課になりました。

最新のサロンパスって小さいんですね。
きゃわいいピンク色でちょっと春気分。

「サロンパス 肩も心も はる 気分」


1
63f0ee73.jpgあけまして、おめでとうございます。

3日深夜〜風邪を発症しました。
これは私史上最悪の風邪で、特筆すべき出来事でした。
みなさま本当にご注意いただきたい。

3日深夜に胸のむかつきで目を覚まし、トイレに駆け込む。
トイレで小一時間、オエオエしていると突然寒気が全身を遅い、座る事もままならなくなる。
「このままここで意識を失ったら発見まであと2時間は床で眠って凍えてしまう。」
リビングまで這って行き、震える手でヒーターのスイッチを入れる。
床に踞り家族の寝室の襖に向かってスリッパを投げる(←声が出ないので必死)。
以後丸1日半あまり記憶がありません。
発熱が続き、食べたら吐くので何も食べられず、体の節々が痛くて力が入らないのでトイレにも這って行きました。
口に出来たのはポカリスエットとすりおろしたリンゴのみ。
「誰か代わって〜
寝ている間も胃が痛くて「胃袋の中いっぱいに木の積み木が入って転がる夢」を何度も見ました。初夢?
5日の昼ごろやっと布団で起き上がれた時には涙がでました。
お腹は空いているのにあまり食べられない状態は今も続いています。
全く下していないのでノロではないでしょうが、胃腸がひどく弱っていて、今日も1人前食べるとすぐ横になりたくなります。
胃にくる風邪だったのでしょうか?
おそらく初詣でもらってきたものと思われます。
屋台の食べ物等は危険ですね。
色々気持ちの悪い風邪が流行っているので、食べる前には必ず手を洗いましょう。

それでは今年最初の日記はこれにて。
ひさびさ登場のひめの姿にて、みなさまの今年一年の健康を祈ります。
今年もよろしく◎

5
b7cd3070.jpg1週間の介護実習がやっと終了しました。
延々続くかに思われた教職関連実習もこれにて終了。
10月からの日々が飛ぶように過ぎ、気づけば12月も半ば!
年賀状作らねばね♪
あ、あと修士論文も....。

今日はクリスマスイベントの日。
子どもが溢れる会場で、クラフトレクチャー。
写真は今回作ったクリスマスクラフトと、餅つき大会後に頂いたお餅です。
この後石焼芋も食す。
冬の味覚で幸せになりました。

その地域の忘年会的なイベントだったので、大人も子どもも入り交じってワイワイとクラフトを作ったわけですが....地域で子どもを育てるというのはこういう事だなと関心しました。
 まだ歩けない赤ちゃんと若いお母さん、入園前、幼稚園児、小学生、その両親、その祖父母。自分の妹でなくても、自然に小さな子に靴を履かせたり手を引いたり。もちろん大人への挨拶もみんなしっかりしていました。よい社会です。まだまだ日本も捨てたもんじゃないぞ。

こども「こんにちはー♪」
わたし「こんにちは♪」
こども「おばちゃん、だれのお母さん?」
わたし「.....。」

もち

5
499148f4.jpg同居人のマイです。

先月、愛車のジムニーでひき殺しかけたのをきっかけに同居を始めました。

駐車場に愛車を停めて車を降りたところ、タイヤの2センチ脇にマイがいたのです。

リクガメのヒメと同じ釜の飯を食う仲。
(つまり主食は栄養価の高い小松菜)

マイペースですがいいやつです。

1
今日は風邪をおして、大学の講義に参加っ!!

うちの大学は、
朝寒くて、昼暑い。夏暑くて、冬寒い。
山深くて、虫多い。
イノシシとかセアカゴケグモの出没情報が学生課に貼ってあり、
建物には「猫に餌をやるまえに少し考えよう」のポスター。(←猫が増えすぎているから)
この前なんか帰宅しようと車に向かっていたら、道で狸に出会った....。
昼間に狸に出会うなんてとビックリして立ち止まったら、狸にぎょっとされた

.......あー、なんだかますます体調悪くなりそう。

悪寒がするのに3時間授業を受け、重要なレポートの締め切りが1週間後に迫っている事を告知され、そして今後の実習のためにホケカンに検便の容器をもらいに行った。

テンションが下がる用事ばっかり。

とはいえいつまでもぐったりしていても始まらないので、
そろそろ教育実習モードから切り替えが必要だな。

写真は大学美術棟に放置されている仏像(?)。
お賽銭が1円玉ばかりなのが学生らしくてよろしい。
よそ者があまり訪れない辺鄙な美術棟にはこういうわけのわからないものがたくさん散乱している。神

長らくブログの更新が滞っておりましたが.....

教育実習に行って参りました!
母校の中学高校生とふれあい、懐かしい空気を味わった充実した時間。

そして2週間の教育実習終了とともに、風邪をひきました。
鼻づまりでものの匂いがわかりません。
なぜか白菜の香りだけは強く感じるのだが、どういう理屈なんだろうか?
くしゃみ、悪寒、鼻づまり!

5
f9ce0e04.jpgさて今日は、沖縄旅行〜食べもの編。

沖縄で有名な食べ物といえば何でしょうか。
ゴーヤー?海ぶどう?パイナップル?

沖縄旅行の際にはレンタカーがとても便利ですね。
本島北の端(私の大好きなホテルは本当最北端のリゾートホテルです)から南の端まで走っても約2時間。ナビがあったらどこでもいける!
「あれ食べたい」と思い立ったらそこまで走れば良いのです。


>>写真上
沖縄に着いたらまずは牧志公設市場へ。
国際通りにある商店街を通って、小さな小さな出入り口から市場へ入るとそこはもう別世界。
ディープな沖縄食文化!
やぎミルクあり、豚肉屋あり、海藻屋あり、魚屋あり....
熱帯魚が並ぶ魚屋で、色々悩んで魚を買ったら、2階の食堂で調理してもらってお昼ご飯に。
おすすめは針千本のお味噌汁。
針千本なんて沖縄で食べたのが初体験ですが、魚とは思えないほど肉厚で1匹でもボリュームたっぷり。お味噌汁だけでお腹いっぱいになります。
 魚に寄ってお刺身や煮付け、あんかけ、フリットなど調理方法も選べますので、魚を選んだらお店の人においしい食べ方を相談するのがおすすめです。
2階の食堂は魚だけでなく、沖縄そばや、肉料理も食べられます。

 
>>写真下左上 
 豚肉屋には「テビチ(豚足)」「チラガー(豚の顔の皮)」「なかみ(内臓)」など豚の身体が余すところ無く売られています。
店の前には必ずと言っていいほど、お洒落をした豚の生首がおかれており、フレンドリーな店員さんに
「写真とってあげるから並んで!」
と半ば強制的に写真をとらされます。
「なかみ」は腸や胃など色々な部分が細かく刻まれて混ざった状態で売られていますので、一見すると何だか分からない。
じっくり眺めていると高校の生物の授業を思い出し、
「これ柔毛だよね。柔毛だよ〜。」
と友だちと腸トークでひとしきり盛り上がりました。
 試食した豚舌(トンタンと読むのだろうか)ハムがとても美味だったので家族へのお土産に買いました。

↓牧志公設市場URL
http://www.city.naha.okinawa.jp/kanko/nahatabi/jp/area/ichiba/index.htm


>>写真下右上
お昼を牧志公設市場で食べたなら、夜は海の見えるレストランで沖縄料理を楽しみたいもの。
おすすめは恩納村にある「カーサ ラティーダ」。
沖縄創作料理のお店です。魚介料理とパスタが美味しくて価格もリーズナブル。
タイルをあしらった内装も美しくて、いつもおしゃれなお客さんで賑わっています。
予約して行って、天気がよければ、ベランダのテラスで夕日を見ながら食事をすることができます。
 今回も晴天だったのですが、突風とスコールのような雨が降って来てとってもデンジャラス....ベランダでの食事を断念。
 写真は「たこと海ぶどうのマリネ」。海ぶどうのプチプチの食感がたまりません。
グルクンという魚のフリットもおすすめです。
 ベランダで食事をすると
「町のみなさん、6時になりました。早くおうちに帰りましょう」という近所の小学校からの放送が聞こえたりして、沖縄で生活する人々の様子と、青い海と、美しすぎる夕日と全部いっぺんに味わうことができます。
贅沢な気分。

↓カサラティーダ ぐるなびのページ
http://r.gnavi.co.jp/f067000/


>>写真下左下
ご飯のあいまには、各地にある道の駅などでお土産を探しつつおいしい沖縄おやつを。
写真は道の駅許田で買った「黒糖ぜんざい」。
「ぜんざい」は沖縄では「かき氷」のことです。
黒糖の蜜と、湯で小豆、白玉の上に氷がたっぷりのって250円。
おいしーい!!
黒砂糖ってコクがあるのですが、あっさりサラサラしていて、思わず笑顔になるおいしさです。

そういえば....沖縄ってパイナップル価格がものすごくやすいのでしょうか?有名なパイナップルハウス(空港近くのお土産物屋)に行くとパイナップルの切り身(?)が山盛りもられていて食べ放題です。
ホテルの朝食でも山盛り。
パイナップルを食べない日は無いという感じです。


お土産探しには最適な「御菓子御殿」も試食の天国です(もちろんお土産も買うで)。
ここの紅芋タルトは絶品だ〜。
↓御菓子御殿URL
http://www.okashigoten.com/index.html

沖縄のお菓子で好きなのは
「紅芋タルト」
「紅芋ちんすこう」
「砂肝ジャーキー」
「スッパイマン」
今回初挑戦した「スッパイマンポテトチップス」は個人的にはウ〜ンあんまり....。
スッパイマンは最近、本土のコンビニでも見かけるようになりましたねえ。

>>写真下 右下
色々食べてまわりますが、ホテルの朝食バイキングが毎朝楽しみで仕方ない私です。

さあ、次回はヤンバルの森編!

沖縄食

fa8b0797.jpg沖縄旅行に行ってきました!
実を言うと、もう大学院の新学期がとっくに始まっているのですが、そんなことはさておき.....

沖縄レポート第一回はゾウガメ牧場編。

今回が4回目の沖縄滞在ですが、毎回欠かさず訪れるのは名護市にある「ネオパークおきなわ」です。

沖縄の自然を生かして、広大な園内に様々な動植物を自然のままに飼育している施設で、テーマは.....

「動物たちとの垣根のないふれあい」

たしかにたしかに。
入園料とえさ代600円+200円を支払って園内に入ると、そこは動物たちの楽園。
フラミンゴやカンムリヅルが遠くから飛んで来て(!)無言でにじり寄って来ます。

「えさおくれ。」

動物園で見るのと違い、至近距離で見るフラミンゴは背も高く、目つきも鋭くてなかなかの迫力です。
フラミンゴは水面を走ってから飛び立つので、飛ぶには広大な池が必要だとのこと。
国内でフラミンゴが飛ぶ姿を見られるのはネオパークだけだそうですよ!

無言でにじり寄ってくるからといって、来園者をつつく訳ではないのですが、大型の鳥にぐるっと囲まれると恐い!
動物好きの私でもさすがに身構えてしまいました。
(ポーズはマトリックスの空手ポーズでね。)


一番の見所は、「ふれあい広場」にある「ぞうがめ牧場」。
アフリカ産のゾウガメにえさをやったり、背中に乗ったり出来るのです。
写真のゾウガメたちはだいたい40歳前後。
ゾウガメの寿命はおよそ150歳だと言われているので、人間で言うとまだまだ20代若者なのです。

同年代か....大きいねえ。

皮膚はごつごつしていて硬く、乾いていて、ちょうど以前触らせてもらったサイの皮膚のようでした。
重そうな分厚い甲羅を背負って、すっくと立ち、子どもが乗ったくらいではビクともしません。
ぱっちりした黒い円な瞳はとても可愛らしいのですが、餌の葉っぱにかぶりついて引きちぎる様子は恐竜そのもの。
すり鉢のような顎と、太い足に、ゾウガメの生命力を感じました。


ネオパーク園内には3つの巨大フライングゲージの他アフリカサバンナ、マダガスカルエリアなどの地域別飼育施設、ゾウガメ牧場があるふれあい広場、
さらに巨大水槽や池もあり、かの有名なアマゾンの大魚ピラルクーの餌やりもできます。魚好きにも動物好きにもおすすめスポットです。

園内全てを自分の足でてくてく歩いて散策するので日よけは必須。
 園は巨大な森とはいえ、日差しは強烈です。

秋なのにばっちり日焼けしました。
ひりひりする〜。
沖縄に旅行予定のみなさん、ぜひネオパーク沖縄、朝の涼しい時間に行ってみてくださいね。


ネオパーク沖縄ホームページ
「しばしば更新ブログ〜ネオパークな日々」
http://www.neopark.co.jp/ゾウガメ顔ぞうがめ餌やり

5
先週、東京営業に行って来ました。

「夜行バス強行大阪→東京3泊2日(内2車中泊)」ツアー!!

前半は営業中心...といっても個展を考えているギャラリーをいくつかと、大阪でもお世話になっているイラストレーションの会社にご挨拶。

後半は東京在住の友人と合流し、東京若者ツアーに切り替えて楽しみました。

裏原の古着店、表参道→青山をウィンドーショッピング....人の多い渋谷は避けて(笑)、続いて秋葉原。

メイド喫茶にも入ってみました。
話題の「ぴなふぉあ」。私も友人も入るのは初めて。興味津々です

新人メイドあおいちゃん「いらっしゃいませ」

私&友人「....。」

私「ご主人様とか言わへんのやね?(小声)」
友人「ほんまや。相手見てるんちゃう?(小声)」

あおいちゃん「どうぞ。」
あおいちゃんがお水とお箸を持って来てくれるも、手が震えて定位置に置けない。
先輩メイドが「はい、しっかりっ!!」

私「.....。」(これは、萌え演技なのか!?)
友人「大丈夫っすか?」(冷静)

お店に入ったのはお昼時だったので、会社のお昼休みに電車で通っているらしい会社員もちらほら。常連さんはカウンターへ、初心者はテーブル席へ。
カウンター席の中年男性のハッスルぶりにすっかり怖じ気づいてしまい、意味も無く小声で話す私たち二人。

私「あの人毎日来てるんかな?」
友人「需要と供給やな。」

思っていたほど「ご主人様!」モードではなく、普通の喫茶店にメイドがいるという感じでした。お店によって違うのかもしれませんね。

お客様「これにします。」
メイド「ご注文のこの品物は萌えアイテムではございませんが、よろしいですか?」
私「確認してるで!?」
友人「ほんまやな。確認や。」

....面白かったです!!

ついついメイド喫茶のことばかり書いてしまいましたが、
営業(?)のほうも順調で、ポートフォリオの組み立て方や、売り込みについてなどアドバイスを受けました。
 ありがたいことです。
 早速印刷屋やら写真屋さんやらに走り回っています。
 がんばりますよ!!

秋葉原

このページのトップヘ