みほにっき

立体アーティスト秋山美歩のブログ!

fa8b0797.jpg沖縄旅行に行ってきました!
実を言うと、もう大学院の新学期がとっくに始まっているのですが、そんなことはさておき.....

沖縄レポート第一回はゾウガメ牧場編。

今回が4回目の沖縄滞在ですが、毎回欠かさず訪れるのは名護市にある「ネオパークおきなわ」です。

沖縄の自然を生かして、広大な園内に様々な動植物を自然のままに飼育している施設で、テーマは.....

「動物たちとの垣根のないふれあい」

たしかにたしかに。
入園料とえさ代600円+200円を支払って園内に入ると、そこは動物たちの楽園。
フラミンゴやカンムリヅルが遠くから飛んで来て(!)無言でにじり寄って来ます。

「えさおくれ。」

動物園で見るのと違い、至近距離で見るフラミンゴは背も高く、目つきも鋭くてなかなかの迫力です。
フラミンゴは水面を走ってから飛び立つので、飛ぶには広大な池が必要だとのこと。
国内でフラミンゴが飛ぶ姿を見られるのはネオパークだけだそうですよ!

無言でにじり寄ってくるからといって、来園者をつつく訳ではないのですが、大型の鳥にぐるっと囲まれると恐い!
動物好きの私でもさすがに身構えてしまいました。
(ポーズはマトリックスの空手ポーズでね。)


一番の見所は、「ふれあい広場」にある「ぞうがめ牧場」。
アフリカ産のゾウガメにえさをやったり、背中に乗ったり出来るのです。
写真のゾウガメたちはだいたい40歳前後。
ゾウガメの寿命はおよそ150歳だと言われているので、人間で言うとまだまだ20代若者なのです。

同年代か....大きいねえ。

皮膚はごつごつしていて硬く、乾いていて、ちょうど以前触らせてもらったサイの皮膚のようでした。
重そうな分厚い甲羅を背負って、すっくと立ち、子どもが乗ったくらいではビクともしません。
ぱっちりした黒い円な瞳はとても可愛らしいのですが、餌の葉っぱにかぶりついて引きちぎる様子は恐竜そのもの。
すり鉢のような顎と、太い足に、ゾウガメの生命力を感じました。


ネオパーク園内には3つの巨大フライングゲージの他アフリカサバンナ、マダガスカルエリアなどの地域別飼育施設、ゾウガメ牧場があるふれあい広場、
さらに巨大水槽や池もあり、かの有名なアマゾンの大魚ピラルクーの餌やりもできます。魚好きにも動物好きにもおすすめスポットです。

園内全てを自分の足でてくてく歩いて散策するので日よけは必須。
 園は巨大な森とはいえ、日差しは強烈です。

秋なのにばっちり日焼けしました。
ひりひりする〜。
沖縄に旅行予定のみなさん、ぜひネオパーク沖縄、朝の涼しい時間に行ってみてくださいね。


ネオパーク沖縄ホームページ
「しばしば更新ブログ〜ネオパークな日々」
http://www.neopark.co.jp/ゾウガメ顔ぞうがめ餌やり

5
先週、東京営業に行って来ました。

「夜行バス強行大阪→東京3泊2日(内2車中泊)」ツアー!!

前半は営業中心...といっても個展を考えているギャラリーをいくつかと、大阪でもお世話になっているイラストレーションの会社にご挨拶。

後半は東京在住の友人と合流し、東京若者ツアーに切り替えて楽しみました。

裏原の古着店、表参道→青山をウィンドーショッピング....人の多い渋谷は避けて(笑)、続いて秋葉原。

メイド喫茶にも入ってみました。
話題の「ぴなふぉあ」。私も友人も入るのは初めて。興味津々です

新人メイドあおいちゃん「いらっしゃいませ」

私&友人「....。」

私「ご主人様とか言わへんのやね?(小声)」
友人「ほんまや。相手見てるんちゃう?(小声)」

あおいちゃん「どうぞ。」
あおいちゃんがお水とお箸を持って来てくれるも、手が震えて定位置に置けない。
先輩メイドが「はい、しっかりっ!!」

私「.....。」(これは、萌え演技なのか!?)
友人「大丈夫っすか?」(冷静)

お店に入ったのはお昼時だったので、会社のお昼休みに電車で通っているらしい会社員もちらほら。常連さんはカウンターへ、初心者はテーブル席へ。
カウンター席の中年男性のハッスルぶりにすっかり怖じ気づいてしまい、意味も無く小声で話す私たち二人。

私「あの人毎日来てるんかな?」
友人「需要と供給やな。」

思っていたほど「ご主人様!」モードではなく、普通の喫茶店にメイドがいるという感じでした。お店によって違うのかもしれませんね。

お客様「これにします。」
メイド「ご注文のこの品物は萌えアイテムではございませんが、よろしいですか?」
私「確認してるで!?」
友人「ほんまやな。確認や。」

....面白かったです!!

ついついメイド喫茶のことばかり書いてしまいましたが、
営業(?)のほうも順調で、ポートフォリオの組み立て方や、売り込みについてなどアドバイスを受けました。
 ありがたいことです。
 早速印刷屋やら写真屋さんやらに走り回っています。
 がんばりますよ!!

秋葉原

4
dbcbec7e.jpg昨日はクラシックコンサートに行って来ました!
フェニックスホールで行われた猿谷紀郎さんによる「武満徹が亡くなってもう10年になる」という題名の(!)「レクチャーコンサート」でした。
 12音技法という特殊な作曲方法の、数学の図形問題のような楽譜も興味深かったのですが....何より素敵な演奏家の至近距離で演奏を聴けたのが嬉しかったなあ

 皆さん知ってましたか〜??
 バイオリニストって息継ぎしながら演奏するんですよ。

 弓を弦に当てる直前に大きく息を吸って、吐きながら音を出す。
 指揮者が腕を広げた瞬間、オーケストラの全員が息を吸って、緊張感が高まる。
 曲が盛り上がって音量が大きくなる時には、演奏家の呼吸音も大きく。
 終わっても、全員がゆっくり息を吐き終わって初めて笑顔が見られます。

 木管も金管も、そして弦楽器も打楽器も、まさに「息がぴったり」!
 音よりも呼吸を聞くなんて、何だか変かもしれませんが、とても感激しました。

 これってみんな知ってる事なのでしょうか?
 だってなかなかクラシックコンサートなんて行かないし
 いえ...行けないし、ですな

 音楽脳と美術脳は絶対にどこかで繋がっていると思います。
 もっと勉強しよう。
 聞くのは楽しい

ちなみに猿谷先生は、慶応大学法学部卒→ジュリアード音楽院の大学院を名誉奨学生として卒業という驚愕の経歴の持ち主です。しかもとてもハンサム....世の中こんな方もいらっしゃると!

 う〜ん

 おどろき。

_________________________________________
今日は画像がないので愛亀の「ひめ」の画像をひとつ。
ひめ「ベランダに出たい。あそこのうまそうな葉っぱが食べたい。」
私「もうお日様出てないから、お外に出たら死ぬんやで。」(脅迫)

5
9e7e630c.JPG大学院卒業を前に、なんと学長表彰を受けました。
頑張ったかいがあったなあ。
本当に幸せな1日でした。

さて、どれが私でしょう。
みなさん学部生なので若いですね。すぐわかる。
一人だけスーツを着ていない学生が私です。
スーツもっていないんだもの。


このページのトップヘ